圓徳院(えんとくいん)Entoku-in Temple

ねねの道沿いに建つ高台寺の塔頭のお寺、圓徳院さん。
京都 圓徳院
豊臣秀吉が亡くなってからの北政所のお住まいです。
豊臣秀吉ゆかりの場所だけに秀吉の念持仏であった三面大黒天がここにはあります。
京都 圓徳院
大黒天、毘沙門天、弁財天の3面の顔を持つ仏様で、ご利益を願うのに合理的です。
ちょっと角度を変えて拝むだけでいろいろと叶ってしまうわけです。

この三面大黒天、通常非公開ですが、ときどき京の冬の旅、夏の旅などで特別公開されています。

また、毎月3日が三面大黒天の縁日となっていますので、お詣りに行くなら3日を狙ってみてください。
圓徳院の三面大黒天


圓徳院の三面大黒天は売っています。もちろん複製されたものですが。 精巧に原寸大に再現したもので、圓徳院さんが開眼供養までを行った圓徳院公認の三面大黒天です。
大黒天+弁財天+毘沙門天で、財運をも呼び込むことができるでしょう。
圓徳院の三面大黒天
》 》 三面大黒天を見てみる

圓徳院

所在地京都市東山区高台寺下河原町530
料金大人500円
時間午前10:00〜午後5:00受付終了(午後5:30閉門)
アクセス市バス「東山安井」下車、徒歩5分

この記事をシェアする