御金神社(みかねじんじゃ)

御金神社はビルの谷間のこぢんまりした境内ですが、金色の鳥居が燦然ときらめきます!
御金神社

おかね神社、ではなく、みかね神社

元々は農機具や刀剣、鉱山などの金属の神様ということですが、当然のように金運アップ商売繁盛のために熱心にお参りする人が増え、いまではとてもご利益のある神様と言われています。
御金神社

御金神社のお社は質素なかんじ。
みかね神社

御金神社の絵馬を見ていくと、資産運用や証券取引のお願いや、競馬競輪、宝くじの当選のお願い、借金完済のお願いがズラズラと並んでいます。
絵馬は御神木のイチョウの葉っぱの形です。
御金神社の絵馬
(絵馬の写真は名前にボカシを入れるのがたいへんです...)


お願いというより、『欲望』といったほうが当たっているかも。

中にはお礼参りのことばの記されている絵馬もいっぱいありますから、しっかりがっぽり御利益があるのでしょう。

お正月にお金の増える神社としていくつかのテレビ番組で紹介されましたので、お詣りする人々の行列が鳥居を出て通りに長々と続く日もあったようです。
京都の街なかの小さい神社では、初詣客がもっとも多い神社となっています。

金運アップに効きそうな小判のお守り(御金神社おたから小判)や福さいふもぜひ身につけましょう! 御金神社には御朱印もありますので、社務所に声をかけましょう。

御金神社参拝後のランチ

御金神社の近くには和食ミシュランの星のついた割烹「岩さき」、京くずし料理「しし翁」や洋食の「グリルフレンチ」、おいしいパンの黒メック「ル・プチメック 御池」などがあります。 ぬかりなく予約しておきましょう。割引のクーポンもチェック! 》 》 烏丸御池周辺のお店を見てみる
御金神社 ランチ
(写真は京くずし料理「しし翁」さん)

御金神社への交通アクセスなど

所在地京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地
祭神金山彦命
天照大神
月讀神
料金境内自由
アクセス地下鉄烏丸線「烏丸御池」下車、徒歩6分。御池通を西へ。御池通から西洞院をちょっと上がったところ。
駐車場無し


御金神社は御池通りからすぐなので、祇園祭の山鉾巡行見学のついでにお参りするのもよいでしょうか。

世界遺産、二条城からも近いので、二条城とセットで観光するのもいいかも。
世界遺産、二条城

この記事をシェアする